2012年07月10日

ハッピーメールへの登録と利用料金

ハッピーメールの登録には、まず住んでいる都道府県を選びます。
その後、携帯電話番号とアドレスが確認されれば、無料登録は終了です。

実際にメッセージのやり取りをするには、年齢認証が必要になります。

これは18歳未満の利用を制限するため、必要になる作業で、身分証明証の年齢・証明書種類、発行者の部分がわかれば、他の本名住所等は隠して写真を撮り送る、あるいはクレジットカード認証でクリアできます。

ここでクレジットカードを登録しても、請求が来ることはありませんが、心配な方は証明書の写真をとって送りましょう。写真での認証もかなりスピーディに承認してくれているようなので、30分もかからず認証されることが多いようです。

利用料は女性は完全無料です。
男性は登録時に50ポイント無料で付与されますが、それ以降は1P =10円え購入する必要があります。

利用の際の主な機能に使う消費ポイント数は以下の通りです。
参照
 掲示板検索をする 無料
 全国男女メル友 1P
 メル友募集 1P
 恋人・合コン 1P
 趣味友募集 1P
 ピュア・ミドルエイジ 1P
 ピュア・シニア 1P
 今スグ 1P
 プロフィール画像 2P
 似顔絵画像 2P
 画像 2P
 画像掲示板 2P
 プロフィール動画 5P
 プライベート動画 5P
 日記 無料
 日記画像/動画 無料
 プロフィール検索をする 無料
 プロフィールを見る 1P
プロフィール添付
 プロフィール動画 無料
 プロフィール画像 無料
返信
 返信 5P
 マナー返信 無料 (定型文による返信)
 プライベート画像添付 3P
 プライベート動画添付 3P
書込 
 掲示板 5P  掲示板の各ジャンル毎に1日1回無料
 掲示画像 無料
 日記 無料
 日記画像/動画 無料

ちなみに、私はあまりアダルト関連は使っていないので、ここでも省略させてもらいました。
正直業者とか、援関連がどうしてもまぎれこんでくる部分です。
ハッピーメール運営側も悪質なケースに関しては、アカウント削除等、対応しているようですが、やはりアダルト板はどうしてもそっち系が多いです。

私はハッピーメールではピュア掲示板で活動していますし、そちらをお勧めします。

ポイント購入方法は、だいたいの支払い方法に対応しています。

銀行振込
ジャパンネットバンク
郵便貯金インターネットホームサービス
クレジット決済 VISA MASTER JCB AMEX Diners
楽天あんしん支払い
GiGA-point
コンビニダイレクト
G-Money (Gマネー)
BitCashEX (ビットキャッシュEX)
C-CHECK決済
メールカード(プリペードカード)

以前も少しこのブログでハッピーメールでかかるお金のことにふれましたが、やはり掲示板への1日1回の無料書き込みをうまく使うと出会いが近づきます。

もちろんプロフィールが細かく登録してあるので、自分のこだわりで絞り込み、メッセージを送信して誘うのもいいと思います。

ポイント消費型のサイト的にはボイスとか画像とか使ってもらいたいんでしょうけども、出会い目的の場合はあまり必要ありません。
ボイスチャットなんかは秒単位でポイントが減っていきますからね。

どうしても会う前にチャットや会話がしたければ、やはり直メを交換し、スカイプなり、フリーのチャットツールなりでお金をかけずやりとりするほうが良いと思います。

ちなみに、他の有料のチャットルーム等に誘導してくる女性がいたら、業者ですのでご注意を。

皆様にハッピーメールで良い出会いがありますように^^

posted by deaideai at 13:52| お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

ハッピーメールでお金はいくらかかるか 2

実際に会えるまでどのくらいお金がかかるのか、登録するときに気になるポイントですよね。
なので前回の記事で節約しながら使うとこのぐらいですよ、という概算をお伝えしました。

今回は、もう今すぐ会いたい、1日1回掲示板に書き込んで待つんじゃなくて、自分から行きたい!
という人はどのくらいかかるか書きたいと思います。

わかりやすくするため、ここでは1000円以内で1人会うことを目標とする場合、私がどうしているか、で説明します。

今度は掲示板に書き込んでいる女性のコメントを探します。
検索し、内容を見ると1件1P(10円)かかります。

ですので、20人ぐらい見ると200円かかるわけです。

その中から、掲示板に書きこんだばかりの女性を狙います。

時間がたっていると、もうたくさん男性からメッセージが来ているでしょうし、その中の男性ともう会っている最中かもしれません。

そういう意味で、タイミングは大切です。

それから内容です。
自分が求めているプロフィールの女性なのか。

どのくらい選り好みするかにもよりますが、私は20人見たら、だいたい5人ぐらいにメッセージしてみました。

すると1に送るたびに5P(50円)かかりますので、5人で250円。10人に送れば500円です。

その中で返信が来た子に対し、やり取りを始め、数回以内に連絡先交換を達成できれば、予算の1000円以内になります。

ここでのコツは、やはり検索したあと、どの子にどういう内容で送るかですね。

しばらくやってみると、なんとなく返事が帰ってこなそうな子というのはわかるようになってきます。

ただ、前回紹介した自分で掲示板に書き込んで、メッセージが来た子にだけ送るよりも、当然返事をもらえる率は下がります。

3人に1人帰ってくればかなり高いほう。5人1人で普通。10人に1人でもおかしくない、というぐらいでしょうか。

ですので、やはりこのやり方でやる場合は1人1000円ぐらい、というイメージになります。

もちろん1000円使えば必ず会えるということではないので、あくまで参考程度ですが。

皆さんに、ハッピーメールで良い出会いがありますように!


posted by deaideai at 08:48| お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

ハッピーメールでお金はいくらかかるか 1

ハッピーメールは男性は登録は無料ですが、登録時に付与されるサービスポイントを使い切った後は、ポイントを購入しないと使えません。女性は最初から最後まで無料です。

そして実際出会うにはいくらぐらいかかるか、ということですが、やり方を工夫すればかなり節約できます。

基本的に1P(1ポイント)が10円なので、ここではわかりやすく円で書きたいと思います。

まず一番節約しながらも実際会える子と出会う方法ですが、掲示板の使い方が一番大事です。

掲示板への書き込みが、本来50円かかるのですが、各ジャンルへ1日1回のみ無料でできるのです。

すなわち、毎日1回、まるで日課のように、自己紹介とどういう相手を求めているかをハッピーメール内の掲示板にのせます。
内容が良ければ、1人〜5人ぐらいの女性からメッセージが来たりします。

そのメッセージの返信は、断るときの決まり文句みたいなものであればマナー返信という定型メッセージが使えますが、通常の返信は1通50円かかります。
またあ相手のプロフィールを見るのは10円かかります。

これでだいたいいくらぐらいかかるか想像できたでしょうか。

こちらからアクティブに相手を検索し、返事が来ない確率が高い相手にひたすらメッセージを送ると、50円を飛ぶように使うわけです。

1日1回の掲示板への無料書き込みで相手を釣り、興味を示してくれた人とだけやりとりする。

そしてやり取りが始まったら早めにメールアドレスを交換する、というのが節約しながらも出会う王道だと思います。

実際私は普段このやり方で、ちゃんと会えています。

皆さんにも良い出会いがありますように!






posted by deaideai at 00:28| お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。